ベストとジレについて

ベストとジレに呼び方が違うだけ?

ジレ(Gilet)

 

たまたま目にしたことがあるのですが、
ベストに見えるものをジレと書いてある本がありました。

 

「ん? ジレって何?」とは、そのとき思ったので
今更なんですが調べてみました。

 

そうしたら、要はフランス語と英語の呼び方の違いってなだけでした…。

 

フランス語:Gilet(ジレ)
英語(アメリカ):vest(ベスト)

 

意味するものとしてはほぼ同じです。

 

シャツとジャケットの間に着込む袖のない中衣という意味らしいので(^^;

 

 

細かな文化的な違いも加味して考えると少し違うニュアンスを持っているそうですけどね。

 

ジレはあくまでも中衣として着るもの。
それに対して、ベストはジャケットは脱いで、ベスト自体がアウターになってもいいのだそうです。

 

そのためジレはジャケットを脱いではヤバい仕様になっているらしく、
目に見えるフロント部分(前面)に比べて、
背面はかなりお粗末な作りになっていることが多いそうです。

 

そうか…、もしかしたら3ピースのスーツについているアレは
「ジレ」と呼ぶべきものなのかもしれませんね(^^;

 

だって、あれをシャツの上に一枚着て歩いていると何か未完成感漂いますし。

 

ジャケットあってこそのアレと考えると、ベストではなくジレの方が正しいのかな?という気がします。


関連ページ

ベストの色について
フォーマルな場でベストを着る際、色はシルバグレーやジャケットと同色が良いとされています。
ベストはコスパが高い
ベストは数千円で購入できる上に、ガラっと印象を変えられる可能性を秘めたアイテムです。
ベスト着用スタイル(参考)
ベスト着用の上級者の写真を集めました。どういったスタイルが理想か見てみましょう。
一目置かれるスタイル
結婚式で周りから評価してもらえる恰好とはどんなものであろう。それは基本を熟知した上でハズしアイテムを取り入れることだと思う。
ベストを着てたら…
管理人の経験ですがベストを着て結婚式に参加して同期や実弟に褒められました…(照)