一目置かれるスタイル

他人から一目置かれるスタイルとは

注目される結婚式の恰好

 

結婚式ならネクタイはシルバー。
新郎新婦より目立たないこと。
シャツは白、ジャケットは黒、もしくはダークグレー。

 

 

上記のようなことは基本と言われるものかもしれないが
基本に従うだけではつまらないし、どこか平凡だ。

 

 

地味な格好して、その他参列者1みたいな立ち位置でいいなら、
基本にどこまでも忠実な恰好をすればいいが、せっかくの祝いの場なら
少しは洒落た格好で決めたいなんて気持ち、男なら誰でも持っているんじゃなかろうか。

 

 

シンプルに徹するならブラックスーツ、白いシャツ、シルバーグレーのタイに
白いポケットチーフでも刺しておけば、それなりに見えるかもしれないが、
目立つような奴は敢えてタブーと言われるものを冒してみたりするわけだ。

 

基本に忠実な恰好↓

 

結婚式の基本に忠実な恰好

 

 

 

 

例えば、このページのTOPに据えた写真で言えば、
シルバーのベストは勿論だが、何よりのアクセントはボウタイ(蝶ネクタイ)であろう。

 

ボウタイ

 

 

別にベストは着なくともいいし、ボウタイは夜のアイテムと言われるものなので
本来であれば、明るい時間から付けるのには疑問があるアイテムだが
敢えてその禁忌を踏んでいるあたりがお洒落上級者とならでは…と言ったところであろう。

 

 

とにかく一目置かれるためには以下の2つなのではないかなと思う。

 

・なくてもいいアイテムを取り入れてみる。

→ベストやアスコットタイとか

 

・タブーとされるものを敢えて冒してみる。

→昼にボウタイをつけたり、カラーシャツを着用してみたり。

 

 

そんな中、ベストはフォーマル色が強くなるアイテムだから
目立つと言っても変に目立つわけではないし、
むしろしっかりしているなぁ…という印象を与えることもできるため、
ブラックスーツ、白いシャツ、シルバーグレーのタイに白いポケットチーフに留まることなく、
是非ベストの着用にもチャレンジしてみて欲しいというのが管理人の心からの思いである。

 

 

また、昔、会社の上司が昼の部下の結婚式にアスコットタイを巻いて参列していた。
バリバリの営業会社に勤めていたときの話だが、その姿は素直に恰好が良かった。
そして、彼を見て、新婦側の女性達がザワザワしていたことも付け加えておこう。

 

 

男の色気、遊び心が女をくすぐるアスコットタイ
アスコットタイ

 

お買い得価格でベストを買いたい方はこちらもご覧ください。

 

質の良いベストが欲しい方はこちらもご覧ください。

 

アスコットタイをお探しの方はこちらもご覧ください。


関連ページ

ベストの色について
フォーマルな場でベストを着る際、色はシルバグレーやジャケットと同色が良いとされています。
ベストはコスパが高い
ベストは数千円で購入できる上に、ガラっと印象を変えられる可能性を秘めたアイテムです。
ベストとジレについて
ベストとジレって何が違うの?同じものを指しているようにおもうけれど…。
ベスト着用スタイル(参考)
ベスト着用の上級者の写真を集めました。どういったスタイルが理想か見てみましょう。
ベストを着てたら…
管理人の経験ですがベストを着て結婚式に参加して同期や実弟に褒められました…(照)