ラペルピン

ラペルピンはあまりフォーマルには見られない?

ラペルピン

 

襟元を華やかに演出するアイテムがラペルピン。

 

 

結婚式にラペルピンをつけていくためにお店に行ったら、
店員さんに止められたんですが何ででしょうか?といった質問をNET上で見ました。

 

確かにラペルピンはフォーマル度が増すアイテムではなく、
間違ったデザインをつけてしまうとどこか安っぽくなってしまう両刃の剣とも言えるアイテムです。

 

多分その店員もそういったことを言いたかったのではないでしょうか。

 

管理人的にはTOPの写真でも使いましたが
チェーンがついているヤツはNGのように思います(^^;

 

これで王冠部分が十字架だったりしたら、
「お前はバンドマンかっ!!」って突っ込まれても仕方ないですよね。

 

そんなちょっとリスキーなアイテムがラペルピンなんだと思います。

 

でもチェーンがついていないこういったタイプはありかも…なんて思います。

 

ラペルピンスワロフスキー

 

 

なんでしょうね、二十代まではチェーンのキラキラはありと言えばありかもしれません。

 

ただ、三十後半になってこういったチャラチャラしたアイテムは顰蹙を買いかねません(^^;

 

 

僕的にはパーティー時にしかつけれないアイテムではあるものの、
ポケットチーフやカフスに比べると、優先順位はかなり下の方だったりします。

 

とは言っても、どんなスタイルをするのもあなたの自由ですからネ。

 

ラペルピンを付けている姿がカッコイイと思ったなら素直に付けたらいいと思います^^

 

ラペルピンピンク

 


関連ページ

ポケットチーフ
最も手軽な変身アイテムといえばポケットチーフ。結婚式においてのルールとマナー、そしてタブー。
アスコットタイ
胸元をグッと魅力的に演出できるアスコットタイ。色の選び方、着用ルールとタブー
カフス
遊び心あふれるカフス(カフリンクス)。素材やカラーにルールはあるの?
印象が変わる3つの小物
タイやチーフ、ベストが管理人的には印象を大きく変えるのに役立つアイテムベスト3だ。