略礼装(ダークスーツ)

ダークスーツを着る際の注意事項

ダークスーツ

 

世代の近い職場の同僚や親しい友人・知人の結婚式に参加する場合、
ダークスーツ(濃紺やダーググレー)を着用することが多いだろう。

 

普段着ているダーク系のスーツに白とかシルバーのネクタイを合わせたら、
問題ないでしょ?と思っている方も多いかもしれませんが
それではフォーマルっぽく見えませんし、恰好が良いとは言えないでしょう。

 

そして、もしそういうことを気にしない方は
このページをご覧になられていないと思いますw

 

ダークスーツのいいところは「真面目、成実」という印象を与えられること。

 

でも、それはビジネスシーンでは望ましいかもしれませんが、
結婚式などの祝いの場に関してはビジネスを感じさせるのはタブーとされているため
ベストやポケットチーフ、ネクタイやカフスなどで華やかさを演出する必要があるでしょう。

 

なお、日本においてはフォーマル度で比べた場合、
ブラックスーツ>ダークスーツと考えられているため、より畏まった場ならば
ブラックスーツを着た方がいいかもしれません。

 

以下にダークスーツを着用して参列する際の注意事項をまとめてみました。

 

 

シャツ

色は無地の白が基本。
襟型はレギュラーカラー、ウィングカラーどちらも問題ないが
正礼装や準礼装に合わせるウィングカラーにするとよりフォーマル度が高まると言える。
白ではなくサックスなど薄い青のシャツも可とされるが、
そうするとカジュアル度が高くなってしまうとも言える。

 

袖口は普通のものでもいいが、
カフスボタンで留めるダブルカフスにすると華やかさを演出できるでしょう。

 

レギュラーカラー ウィングカラー

レギュラーカラー

ウィングカラー

 

最近支持率がアップしているサックス色のシャツ
サックス無地のシャツ

 

ダブルカフス
ダブルカフス

 

 

 

 

ネクタイ

グレーやシルバーのレジメンタル(斜め縞柄)タイだとフォーマルな装いになる。
無地、無地に近い小紋柄、ドットまではOKとされる。
真っ白は新郎や新婦の色なので避けましょう。

 

華やかなものでスーツに合う色であれば着用可ですが
あまりカジュアル過ぎると結婚式や披露宴には似つかわしくないかもしれません。
二次会からの参加であれば問題がないと思いますが。

 

レジメンタルタイ 無地に近い柄など

レジメンタルタイ

シルバー無地のタイ

 

 

 

 

 

黒の打羽根式ストレートチップが基本。紐靴の方がいいでしょう。
外羽根式のものやブローグ(穴飾り)があるもの、黒以外のものは望ましくありません。
内羽根ストレートチップ

 

NG例

NG例@ 外羽根式 NG例A ブローグ(穴飾り)

外羽根プレーントゥ

ブローグの靴

 

 

 

 

 

ポケットチーフ

麻、リネン、シルクの白無地が基本。
ネクタイの色と合わせる方法もありだが、
カラーがついたチーフはフォーマルな場では避けた方が無難。

 

ポケットチーフ白

 

スリーピークスという折り方が主流。

 

スリーピークス

 

 

 

 

ベスト

スーツと共布の記事、もしくはグレーのベストがいいでしょう。
フォーマル度がグッとUPするアイテムだと言えます。

 

共布のベスト

 

 

 

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

結婚式で一目置かれるスタイルとは

結婚式注目のアイテム

結婚式の服装にマナーやルールはつきものだがそれだけじゃあつまらない。

≫詳しくはコチラ

他人と差が付く3つのアイテム

結婚式で差が付く3つのアイテム

管理人が考える印象をガラッと変えてくれるアイテムベスト3。コスパも考えてます^^

≫詳しくはコチラ


関連ページ

男性の礼装について
男性の礼装について学びましょう。正礼装、準礼装、略礼装の3つに分けられるとされています。
昼と夜で変わる礼装
昼と夜という時間帯の違いで正しいとされる礼装も変わります。ルールを知って間違わないようにしましょう。
略礼装(ブラックスーツ)
略礼装としてのブラックスーツのマナーやルールについて。