礼装の種類とマナー

礼装の種類とマナー記事一覧

男性の礼装について

結婚式の服装について、ややこしいこと1といえば「礼装の種類」であろう。実は3種類しかないため、そんなに覚えるのは難しいものではないのだが…。また媒酌人(仲人)としてや、主賓として招待されたなどのケースでないかぎり礼装のモーニングコートや燕尾服、準礼装のディレクターズスーツ、タキシードを着ることは中...

≫続きを読む

 

昼と夜で変わる礼装

唐突ですが、質問です。オシャレアイテムの一つ、「ボウタイ(蝶ネクタイ)」これは昼と夜、どちらにつけるべきアイテムかわかりますか?答え:夜につけるアイテムそんな細かいこと知るかいっ!と当初は僕も思いました…(^^;何故ボウタイは夜につけるアイテムかと言うと燕尾服(テイルコート)、タキシードなど夜の礼装...

≫続きを読む

 

略礼装(ブラックスーツ)

専門家に言わせると海外では黒無地のスーツは祝いの場では着ないということですがここ日本においては略礼装の一つとして考えられており、ダークスーツよりもフォーマルと捉えられています。ただし、だんだんとブラックスーツ信仰が薄くなってきているようで若い年代には敢えて着ないという選択をされる人も少なくないようで...

≫続きを読む

 

略礼装(ダークスーツ)

世代の近い職場の同僚や親しい友人・知人の結婚式に参加する場合、ダークスーツ(濃紺やダーググレー)を着用することが多いだろう。普段着ているダーク系のスーツに白とかシルバーのネクタイを合わせたら、問題ないでしょ?と思っている方も多いかもしれませんがそれではフォーマルっぽく見えませんし、恰好が良いとは言え...

≫続きを読む